R&D支援センター主催:技術者・研究者のためのマーケティング入門講座 講師:福島 彰一郎

カテゴリー:
FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare
日時 2017年4月18日(火)10:30~16:30
概要

技術者・研究者のためのマーケティング入門講座

~製品・技術を顧客価値につなげるための基礎知識&実務~

【趣旨】

 技術に長年携わってきたが、ポジションが変わり、マーケティング企画をしろと上司から指示され戸惑っている技術者の方はおられないでしょうか。そんな技術者の方に、製造業のマーケティングのポイントをわかりやすく紹介します。
 特に生産財メーカーにフォーカスし、その戦略構想や実行計画の立案の流れを記入例を用いて具体的にご紹介します。また技術者が実際に悩む市場調査の具体的な進め方をわかりやすく紹介します。

【受講対象・レベル】

・自社の製品や技術を軸にどのようなマーケティングを描くとよいか悩んでいる技術者
・市場調査や顧客ヒアリングを具体的にどのように進めたら良いか悩んでいる技術者
・主に研究開発部門。その他経営企画部門、新事業開発部門、設計開発部門、技術営業部門、知財部門などの方

【プログラム】

1.技術マーケティングの事例 ~価値開発×技術開発×市場浸透~
  ・ベストプラクティス事例①: アップル/iPod, iPhone,iPad
  ・ベストプラクティス事例②: 東レ・機能性繊維
  ・ベストプラクティス事例③: 東レ・炭素繊維事業のグローバル展開 

2.技術者だからこそできるマーケティングがある!
  ・技術-製品-事業・ビジネスモデルを1セットで思考
  ・マーケティングとは ~市場に対する能動的なアプローチこそがマーケティング~
  ・技術者だからできるマーケティングがある ~顧客との対話による価値の創発~
  ・研究開発部門のマーケティングとは ~次世代の新市場創出~

3.(ケース演習)高利益生産財メーカーのマーケティングとは

4.生産財メーカーにおけるマーケティング・ミックスとは
  ・マーケティング・ミックスとは
  ・製品戦略 ~技術、製品からエコシステムまでを1セットで考える~
  ・価格戦略 ~価格を決める要因を見極めて、売上・利益を最大化する~
  ・広告宣伝、営業戦略 ~認知度を高めて、ソリューション営業で受注する~
  ・販売チャネル戦略 ~直接販売、間接販売、電子商取引~

5.技術マーケティング戦略を発想するためのさまざまな切り口
  ・事業ドメインの技術による変革戦略モデル
  ・アンゾフの成長ベクトル別の戦略モデル
  ・プロダクトライフサイクル戦略モデル
  ・技術ベースのブランド戦略モデル
  ・アライアンス戦略モデル
  ・オープン&クローズ戦略モデル
  ・グローバルマーケティング戦略モデル

6.技術者に必要な市場調査のポイント
  ・二次情報
  ・一次情報(顧客ヒアリング、フィールド調査)

7.「記入例」で学ぶ技術マーケティング戦略策定の流れ
  ・ステップ1.コア技術の確認する
  ・ステップ2.コア技術を活かした製品・事業アイデアの発想する
  ・ステップ3.業界構造分析・PEST分析により業界動向を俯瞰的に見る
  ・ステップ4.顧客セグメンテーション分析により有望顧客を見つける
  ・ステップ5.競合他社の強み・弱みを把握し、技術・製品・事業の視点から勝つ戦略を考える
  ・ステップ6.戦略策定
  ・ステップ7.財務シミュレーションと計数からみた戦略ブラッシュアップ
  ・ステップ8.実行計画の立案 ~成果を確実に生み出すブレークスループロジェクト~

・(参考資料①)ブレークスループロジェクトとは ~連続的な成果創出と個人と組織の変革~
・(参考資料②)技術者に必要な「社内政治スキル」とは

  □質疑応答・名刺交換□

 R&D支援センターHPより抜粋

主催

R&D支援センター

講師

株式会社ニューチャーネットワークス
取締役 シニアコンサルタント 福島 彰一郎

会場

江東区産業会館 第2会議室

費用
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)

【価格関連備考】
  会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
  ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
  ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
  学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

  ■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問

 
備考

昼食・資料付き

定員

30名 ※満席になり次第、募集を終了させていただきます。

お申し込み
お問い合せ

(株)R&D支援センター
セミナーNo.170420
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム

 

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare