社長メッセージ

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare

 「優れた業績を出し続ける経営者やビジネスリーダーは、2、3年先が具体的に見えているわけではないが、社会や産業に対する強い理念と企業の長期的な展望から、今やるべき重要課題に全力で集中している」

 ビジネスはもちろん、スポーツ、芸術、社会活動そして人生において最も重要なことは、この一言に尽きるのではないでしょうか。かけがえのない大切な課題に全精力をかけて挑戦することを通じて、結果として高いレベルの技術力、マネジメント力、リーダーシップ力が身につきます。

 ニューチャーネットワークス(Nuture Networks)は、日本経済がバブル崩壊後、多くの金融機関さらには製造業が苦境に陥りまったく先が見えない状況において、1996年1月、私一人で創業しました。先が見えない一方で、インターネットが急速に普及し、世界中のあらゆるものがネットワーク化され、産業革命以来の社会の大きな進化への希望がありました。

 社名は「ネットワークダイナミクスコンサルティング」(2002年にニューチャーネットワークスに社名変更)とし、あらゆるものがネットワーク化される中で、人、組織、技術、文化などの固有の価値を活かし、新たな価値観、社会構造、組織などをダイナミックな文脈で再編集していくことを支援し、またその中心に居続けたいというのが私の思いでした。

 当時、経験不足だった私や会社の仲間に挑戦の機会を与えてくださったお客様は、まさに冒頭で申し上げた「理念と長期展望から、今やるべきことは何か?」を考え抜き、挑戦し、悩み続けていた方々です。あれから15年以上経過し、ニューチャーネットワークスは今も、創業当時と同じマインドをもったお客様に支えられている会社です。

 創業時から時代は予想以上に大きく変わりました。現在はグローバルの隅々までネットワーク化され、オープンな社会構造、産業構造に変化し、先進国と新興国、途上国がフラット化されてきています。いま我々に問われているのは、あなたの組織、あなた個人の「独自の理念と価値は何か?」です。まさに存在意義が問われているのです。しかし、固有の価値、存在意義とは、単独で存在するものではありません。周りとのかかわり合いの中で見出し、創り出していくのが現実です。

 そのような時代において、戦略コンサルティングのプロチームとしてのニューチャーネットワークスの仕事は以下の3つになります。

  1. 変化するグローバルネットワーク社会の未来(Future)のビジョンをもち、発信すること
  2. お客様のテクノロジー、専門知識、スキル、そしてそれを支える優れた人の固有の価値(Nature)を発見し、勇気づけ、育成すること
  3. お客様の独自の価値をネットワーク(Network)化し、革新的な技術、製品・サービス、ビジネスモデルを創り出すこと

 この3つは社名でもあり、また弊社の経営理念そのものです。

 最後に、冒頭の話に戻りますが、恥ずかしながら戦略コンサルティングといえども、残念ながら2、3年先が明確に見え、確実な環境変化を言い当てることはできません。しかし、お客様にとって今何が重要かという戦略課題の発見と、その課題解決に全力を注ぎ、明確な成果を出すことについては、どこにも負けません。

 ニューチャーネットワークスは、このきわめて厳しい仕事を通じて我々自身が成長し、それが皆様の成長と好業績に結び付けられればと願い、日々努力していきたいと考えます。

 

【高橋透 略歴】

1987年上智大学経済学部経営学科卒業後、旭硝子株式会社入社。セラミックスのマーケティング、消費財の新商品開発、広告宣伝を担当。その後大手コンサルティング会社を経て、1996年に経営コンサルティング会社“ニューチャーネットワークス”を設立し、代表取締役を務める。2010年ニューチャーアジア代表取締役就任。2010年より上智大学経済学部非常勤講師。2016年より「ヘルスケアIoTコンソーシアム」理事。

主な訳書、著書に 「技術マーケティング戦略」(著、中央経済社、2016年)「勝ち抜く戦略実践のための競合分析手法」 (著、中央経済社、2015年)「90日で絶対目標達成するリーダーになる方法」(著、 SBクリエイティブ、2014年) 「GE式ワークアウト」(デーブ・ウルリヒ他著、共訳、日経BP、2003年) 「ネットワークアライアンス戦略」(共著、日経BP、2011年) 「事業戦略計画のつくりかた」(著、PHP研究所、2006年 )、「図解でわかる・技術マーケティング」(共著、JMAM、2005年)「インテレクチュアル・キャピタル」(マイケル・S・マローン他著、訳、JMAM、1999年)、「IoTビジネス・機器開発における潜在ニーズと取り組み事例集」(共著、技術情報協会編、2016年)、「オープンイノベーションによる 新事業創出、早期事業化とその実践事例 」 (共著、技術情報協会編、2017年)などがある。日経BP社プレミアムサイト2002年より5年間コラム執筆。2013年日経産業新聞WEB「企業マネジメント最新トレンド」へコラム執筆。

Amazon 高橋透 著者ページ
http://amzn.to/2wC53eR

 

お問い合わせはこちら

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare