新製品・新事業開発戦略研修

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare

ビジネスにおいては、経験や勘のみに頼って、時折”ホームラン”を打つだけでは到底持続的な成長は期待できません。企業は優れた製品を継続的に創出するための仕組み・文化を持つ必要があります。そのためには、まずビジョン、事業ドメイン、技術ドメインを明確にする必要があります。その上で事業ドメイン内における製品ライン戦略を策定します。ドメインにおいて、製品をばらばらに開発していくのでなく、効果的な製品開発の順番を時間軸で計画します。最後に製品ライン戦略の方向性を矛盾しない範囲で、製品ライン上の各製品の企画・開発を行なっていくことになります。

本研修では、新事業ドメインを策定し、限られたリソースや制約条件の中で新製品を生み出していくための戦略を策定する考え方を理解することを目的とします。

対象部門

  • 設計・開発部門、スタッフ
  • 事業企画部門、スタッフ
  • 商品企画部門、スタッフ

成果

  • 新製品・新事業戦略の策定の考え方を理解します
  • ビジョン・事業ドメイン・技術ドメインの策定の考え方を理解します
  • 製品ライン戦略の策定の考え方を理解します
  • 新製品開発戦略の策定の考え方を理解します
  • 新製品・新事業創造の仕組みづくり・体質づくりを理解します

メソッド

  • マクロ市場分野における変化ドライバーの抽出、変化シナリオ想定
  • 戦略仮説の想定・整理・グルーピングによる事業ドメイン、技術ドメインの策定
  • 製品アーキテクチャを考慮した業界構造分析、業界トレンドの5フォース分析
  • 市場ポジショニング分析、技術ポジショニング分析

ステップ

step01
ビジョン・事業ドメイン・技術ドメインの策定
  • ビジョン策定のための「3つの問い」
  • ビジョン・事業ドメイン・技術ドメインの具体的な策定の流れ
step02
製品ライン戦略の策定
  • 製品ライン戦略とは ~時系列順の製品開発計画~
  • 製品イメージの統一による製品カテゴリーブランドの育成
  • 時間軸での共通部分の最大化による生産効率の向上
step03
新製品開発戦略の策定
  • 製品ライン戦略における各製品の再定義
  • 市場特性分析と成功要因の抽出
  • 基本戦略
  • ブランド戦略
  • ビジネスモデルの策定
  • 機能別戦略の策定
  • M&A、アライアンス戦略の策定
  • 組織体制の設計
  • 財務シミュレーション
  • 課題の整理とアクションプランの立案
  • リスク分析
step04
新製品・新事業創造の仕組みづくり・体質づくり
  • 仕組みづくり: 事業開発プロセス設計、評価視点の検討、分析・企画フォーマット
  • 体質づくり: トップとボトムをつなぐ創発の場の仕掛け

研修の業績

新製品・新事業開発戦略 専門商社 経営幹部職
新製品・新事業開発戦略 精密機器メーカー 上級管理職
新製品・新事業開発戦略 部品・部材メーカー 経営幹部候補
新製品・新事業開発戦略 ユーティリティ 関係会社役員
新製品・新事業開発戦略 総合電機メーカー 経営幹部職
新製品・新事業開発戦略 精密機器メーカー 次世代幹部
新製品・新事業開発戦略 総合化学メーカー 次世代幹部
新製品・新事業開発戦略 エネルギー&資源 次世代幹部
新製品・新事業開発戦略 インフラ事業者 土木部門、技術系人材
FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare