技術マーケティング戦略研修

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare

内容:

 技術ベースの会社は、製品・サービスのマーケティングの前に、まずコア技術を中心としたイノベーションの構想が必要です。技術マーケティング戦略とは、自社のコア技術が中長期にどのような市場イノベーションを起こす可能性があるのか、またどのような顧客提供価値を生み出す可能性があるのかを企画構想します。それは、すぐに売れそうな製品・サービスを企画するのではなく、業界を超えた視点や社会全体の視点など、大きな視点から構想していきます。そのために技術マーケティング戦略の初期の段階では、バックキャスト思考を用いてありたい姿を構想するために、デザインシンキング、コンセプトメイク手法などソーシャルイノベーション手法を活用します。
 技術マーケティング戦略仮説が明確になった段階で、リーンイノベーションの考えに沿って検証項目を明確にし、市場調査、想定顧客提案、アライアンスパートナーへの提案などを行いながら、革新的なエコシステム・ビジネスモデル、製品・サービスを企画構想します。

対象部門:

研究開発部門の管理職、幹部職
事業部門の新製品・サービス企画担当の管理職、幹部職
技術戦略部門、技術マーケティング部門の管理職、幹部職
研究機関/組織のリーダー職
ベンチャーを興したいと考えている方、すでに起業された方

成果:

  • 自社のコア技術を中核にした中長期の技術戦略、事業戦略、マーケティング戦略を含んだロードマップが作成できます。
  • 自社のコア技術が創発する市場イノベーション戦略と顧客提供価値戦略が明確になります。
  • 業界を超えた市場、社会全体の視点に立ったエコシステム・ビジネスモデル戦略が明確になり、その中での自社のレイヤー戦略、製品・サービス戦略が明確になります。
  • 中長期の視点から戦略構想ができる技術開発を担うイノベーションリーダーが育成できます。
  • プロジェクトの過程で有力顧客、有力アライアンスパートナー企業が見つかります。

メソッド:

  • ソーシャルデザイン、デザインシンキング、バックキャスト思考
  • エコシステム・ビジネスモデル戦略における市場イノベーション戦略
  • コア技術戦略(コア技術、周辺技術)
  • 顧客提供価値戦略(顧客経験ベネフィットとコスト)
  • 顧客ソリューション提案
  • 技術マーケティング戦略構想書
  • ブレークスループロジェクト

【ステップ】

ステップ1:技術マーケティング戦略仮説の企画

  • プロジェクトの背景認識、目的、目標の設定(経営トップとのすり合わせ)
  • プロジェクトメンバーのリクルート、実行組織体制づくり
  • コア技術戦略、市場イノベーションの可能性、顧客提供価値の3つの仮説企画
  • 戦略(顧客経験ベネフィットとコスト)
  • プロジェクトの与件、制約条件の確認

 考え方1:技術マーケティング戦略の3つの要素   考え方2:エコシステム・ビジネスモデル構想

考え方3:「積上げ型」ではなく「バックキャスト型」の企画調査

 

ステップ2:技術マーケティング戦略デザイン

  • ソーシャルデザインワークショップ(タウンウォッチング、学生とのワークショップ、異業種とのワークショップなど)
  • 革新的顧客提供価値の企画発想
  • 市場イノベーションの構想(エコシステム・ビジネスモデル戦略)
  • コア技術戦略仮説
  • ドメインマップの作成

事業ドメインマップ

 

ステップ3:有望市場の調査とターゲット市場の絞り込み

  • ドメインマップを活用した有望市場のリストアップ
  • 有望市場調査、各市場での技術マーケティング戦略企画
  • 競合ベンチマーク分析
  • 有望市場の評価、ターゲット市場の絞り込み

有望市場の概要調査

 

ステップ4:ターゲット市場での顧客ソリューション提案

  • 提案顧客の分類と提案レベルの検討
  • ターゲット顧客絞り込み
  • ソリューション提案書の作成
  • 顧客提案と提案結果分析

顧客提案の基本骨子

 

ステップ5:技術マーケティング戦略構想書の作成

  • あるべき姿の構想と成功要因分析

あるべき姿と成功要因分析の全体像

  • 技術マーケティング戦略構想書
    • 戦略構想の骨子(エグゼクティブサマリー)
    • 背景・問題意識
    • 事業ドメイン仮説
    • マクロトレンド、エコシステム・ビジネスモデル分析
    • 顧客分析
    • 競合分析
    • SWOT分析
    • 技術マーケティングビジョン
      • 顧客提供価値
      • 市場イノベーション
      • コア技術戦略
    • リスク分析
    • ロードマップ
    • 技術マーケティング課題と実行方針
    • ①技術開発課題と実行方針
    • ②マーケティング課題と実行方針
    • アクションプラン
    • 概算利益計画、投資計画
    • 実行組織体制

ロードマップ

 

コンサルティングの実績:
ユーティリティ 技術企画職 「新発電システムの企画開発ワークショップ」
電子部品 技術企画職、開発職 「IoT市場でのコア技術戦略ワークショップ」
素材メーカー 技術企画職 「ヘルスケアIoT市場での導電性コア部材開発企画ワークショップ」
素材メーカー 事業企画職、技術企画職 「新製品と事業ロードマップ作成のロードマップ」
化学メーカー 技術企画職、マーケティング職 「自社コア技術をベースとした新製品開発プロジェクトワークショップ」
化学メーカー 技術企画職、営業職 「コア技術をベースとした新製品開発ワークショップ」
電機メーカー 設計担当、生産担当 「コア技術をベースとした新製品開発ワークショップ」
土木・建設 設計担当 「コア技術をベースとした新サービス開発ワークショップ」

 

 書籍ご紹介
技術マーケティング戦略

『技術マーケティング戦略』

高橋透 著(中央経済社出版)
2016/9/22発行
ISBN-10: 4502199214
ISBN-13: 978-4502199219

内容紹介
日本には現在なお製造業の各方面で、強い技術とそれを生み出す研究者、技術者、
そして技能者が多く存在しています。しかしながら、「失われた20年」などと言われるように
ここ20年以上、日本の製造業は苦しんできました。

その本質的な原因の1つは、日本の製造業のマーケティング力の弱さではないでしょうか。
製品・サービスのマーケティング力ではなく、技術のマーケティング力の弱さです。
技術のマーケティング力を強化し、継続したビジネス成果に結びつける発想、方法が必要であるという考えのもと、、
本書はできました。

多くの技術者は目の前の製品・サービスを作り出すことに注力させられ、
強い顧客提供価値やエコシステム・ビジネスモデルの創造とはほど遠い状況にある
企業が多いのでははないでしょうか。
本書が、技術をマーケティング戦略の中心に据えた、
中長期の戦略企画構想の実践手法を考えるきっかけになれば幸いです。

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare